この様ですが

【 映画 】サバイバルファミリー 感想(ネタバレ考慮版)

Sponsored Link
物語の核心に迫る(ネタバレ)要素に割りと考慮している記事です

バイバルファミリー

f:id:somekaosanai:20170301192131j:plain

(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
 
リアル度★★★★☆
オカン最強説★★★★☆
サバイバル豆知識★★★★★
 
公式サイト▼

あらすじ三行

普通の家族が送るギャグサバイバル
ある朝急に電気が消失してしまった!?
食料や燃料が底をつくが、生き残る事ができるのか?

以下箇条書き感想

・家族構成:父・母・兄・妹の4人家族
 よくあるお互いに無関心な家族で、ギスギスした空気感がある
・序盤の家族の雰囲気が、リアルすぎる
・年頃の娘(女子高生)の描写が好き
 クラスメートの前では明るく振る舞う等
・サバイバルを続けていくうちに、主人公家族とは対照的な家族に遭遇する
 対照的過ぎて、複雑な気持ちになる
・サバイバルになんだか強くなりそうな雰囲気がする
・お母さんが時々みせるオカン感が本当に好き
 交渉上手でちゃっかり、しっかりしている
・お母さんの赤飯おむすびシーンが好き
・息子は知識量がはんぱない
・精製水は飲める
・家族の雰囲気を序盤と終盤で比較すると面白い
 物語が進行するごとに、少しずつ変化していく感じがする

まとめ

アイアムアヒーローはサバイバルホラーでしたが
この作品はサバイバルコメディで、きちんと笑える
ただのコメディじゃなくて知識や教訓が詰まっていて
私生活を見直そうと思えます
便利だけでなく、自然や手間をできる範囲で上手く取り入れたいです

原作小説

関連記事