この様ですが

気になるご隠居さん

Sponsored Link

f:id:somekaosanai:20170529194859j:plain

真夏のような暑さと紫外線がアラサーの肌にダメージを与えます
みなさん、紫外線対策には日焼け止めクリーム+スプレーで応戦しましょう
おさないです(@osanai_desuga 

気になるご隠居さん

通勤途中に気になるご隠居さんがいる
朝は陽の光を浴びて優雅に読書、分厚い書籍を毎回読んでいる
昼は自転車で颯爽とお出かけ
ある時は、歩きながらワッフルを食べていた

社畜の私は

朝は自転車を必至の形相で漕ぐ
昼は運動不足解消の為、徒歩
翼を授かるドリンクを飲んで歩く

ご隠居さん遭遇率が高い

エンカウント率が高すぎて、先日はすれ違った
家電量販店で遭遇した時には、マッサージチェアに座ってリラックスタイムだった

思うところあり…

遭遇する度に思うことがある
「幸せそう」「自由」「気ままに生活」
ご隠居さんの表面的な生活感をみて勝手に判断している自分がいる
正直身勝手な思い込みだなと思った
年齢を重ねれば、自由はあるが不自由になることもある
ご隠居さんの年齢だと、身体が若い時に比べて思うように動かなくなる
視力や聴力だって、若い時に比べてしまうと劣ってしまう
その現実を理解している人は良いが、いつまでも家族や本人でさえも年齢を重ねる自分を老いていく自分を受け止められない人もいる
 
私は未来のことは予知できないので、断定的な事は発信できないが
老いる自分を受け止めることができるのか、心配だ
頭では理解していても、感情というのは厄介なもので思うようにいかない

なぜ、気になるのか?

不思議なもので、なぜこんなに通勤途中のご隠居さんが気になるのか
自分なりに分析してみた
・自分にあった生活を受け入れている印象を抱く
・自然を受け入れ、日が昇ったら行動し、日が沈んだら帰る
・着飾らない

要は、羨ましく憧れの部分が多い

社畜なので、上記のような憧れは夢のまた夢ですが
自宅で仕事ができるような環境を整えたいと心に誓うおなさいでした
 
おいとまっ!

関連記事